FC2ブログ

喜びの旗  平岡旗製造株式会社ブログ

【喜びの旗】甲子園での優勝旗調査

夏の甲子園は、今日は開会式のリハーサル。

開会式までに全優勝旗が集まる唯一の機会ですので、数年前から優勝旗の調査に行かせてもらっています。


49本も優勝旗があれば、日焼けしたものや刺繍がほつれた優勝旗が数本はあります。


↓これは新潟大会の優勝旗。生地が日焼けしている+刺繍がほつけてきています。


優勝旗調査7


↓熊本大会のも刺繍がほつけています。

優勝旗調査6


この2つの優勝旗は弊社が記録を残している1995年7月以降に納めたものではありません。
よって20年以上はお使いになっていることになります。

高校野球の優勝旗は銀行の金庫で保管されたり、とても大事にされています。
しかし20年以上も経つと、やはり劣化は起こります。



とはいえ、今日の目的は房や棒や竿頭などすぐに手直しできるものを修理すること。
明日の入場行進でシッカリ歩いてもらうために、念入りに調査・修理・交換をしてきました。

優勝旗調査3


↓ありました。弊社が納めた証。金属のハトメに「平岡旗製造株式会社謹製」と入っています。

優勝旗調査1



室内練習場に選手が集合し、そこから球場に向かわれます。
球場に行かれるまでの1時間ほどが我々の作業できる時間。

優勝旗調査2



これから球場に向かうところ。
選手の皆さん、緊張した顔になってます。

優勝旗調査8


球場では明日のリハーサルが行われました。
これは大優勝旗返還のシーン。

優勝旗調査4



高校野球大好き人間としては、明日からの熱戦がとても楽しみです。

優勝旗こそまさに「喜びの旗」
仕事として関わらせてもらえてるのをとても嬉しく思います。


先祖に感謝。
スポンサーサイト



  1. 2013/08/07(水) 22:01:16|
  2. 喜びの旗
  3. | コメント:0

【喜びの旗】部旗を納めました。

先日、比叡山高校バドミントン部さまの部旗を新調させて頂きました。

比叡山高校バドミントン部旗2

毛筆で書かれていた文字はそのままで表現して欲しいというオーダーでした。

毛筆の文字はハライの部分が非常に細かくて、染めではそこまでは表現できません。
「出来る限りの努力はしますが、ここまで細かい部分は出来ません」
と予めお断りしてから、染めに入りました。


比叡山高校バドミントン部旗1

染め上がってきたのがこんな感じ。
従来の旗と比べても遜色ありません。
部訓「坤乾賭擲一」も校名も、だいぶ良い仕上がりになったと思います。
喜んで頂きました。

比叡山高校バドミントン部旗3

裏面には寄贈者名と年月日を。

これってとても大切だと思います。
誰からもらったのか、いつもらったのかの記録にもなりますし、
もらう側もこれがあるだけで扱い方が丁寧になるような気がします。

永きに渡って大切に使われる事でしょう。


喜びの旗となりますように。

  1. 2013/08/02(金) 21:57:08|
  2. 喜びの旗
  3. | コメント:0

プロフィール

平岡旗製造株式会社

Author:平岡旗製造株式会社
我々は1887年の創業以来、旗一筋に商いをしています。
このブログは平岡成介(5世代目)が旗に関する記事を更新していきます。
「我々の持っている知識やノウハウを使いお客様に最高の旗(=喜びの旗)をお届けしたい」
そういう思いでブログを更新しますので、ぜひご覧下さい。

FC2カウンター

カテゴリ

未分類 (3)
マスコミ掲載記事 (4)
お客様より (2)
旗のある風景 (3)
豆知識(旗を並べる場合) (1)
実験 (1)
喜びの旗 (4)
作業風景 (2)
祇園祭 (1)
商品情報 (1)
製作工程 (0)
製作行程 (1)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR