FC2ブログ

喜びの旗  平岡旗製造株式会社ブログ

染めの行程 ③布海苔[フノリ]



1月も後半に差し掛かってきておりますが
まだまだ雪が降らず、霜冷えのする冷たい風が吹き募ります。
皆さまもお体には十分お気を付け下さいませ。


さて、染め工程3日目はフノリ(布海苔)を置いていきます。


フノリとは・・・

3-①

3-②


海草を炊いて濾したものを冷まして使います。


それでは様子をご覧ください↓↓↓
https://youtu.be/RJctflZf2tk



3-③

3-④


明日の準備。
地色の緑色を調合していきます。
黒・赤・青・黄色の染料を使います。

※普通にガスコンロを使って調理するような感じで調合していきます。

3-⑤



何度も何度も染めて蒸して、、、

いい色が出来上がりました。



これで本日の作業はおしまい。

また次回に続く⇒ ⇒ ⇒



スポンサーサイト



  1. 2020/01/22(水) 16:35:53|
  2. 製作行程
  3. | コメント:0

染めの行程 ②染め

新年あけましておめでとうございます。

それでは早速、
昨年末から追ってご紹介しています、優勝旗の染め工程の続きをご紹介いたします。


糸目を置いて一晩たち、その部分は乾きました。
翌日はノリをおいていきます。


先日ご紹介した「ツツ」を使って
中央から外に向かって、順々においていきます。


まずはワシの爪と口ばしに金茶色の色のりを塗り

次はワシ全体が染まらないように防染のり・・・
(ワシの色は染め終えてから、つけていきます)

月桂樹の緑

「優」「勝」の文字、高野連マークの赤の順番で塗っていきます。


行程2-①


行程2-②


行程2-③





それでは、いったん挽粉(ひっこ)をまぶしてノリを乾燥させます。

行程2-④


↓↓↓動画をご覧ください。
https://youtu.be/rOgCZ-a7Vr8


行程2-④-2



上下文字が染まらないように、防染のりで伏せていき

行程2-⑤-2

行程2-⑤



のりを全面に置けたら挽粉(ひっこ)を施し、この日の作業は終了!

行程2-⑥[終了]


一晩寝かせ、明日はフノリを挽く作業ですので、本日はここでおしまい。


それでは、本年もどうぞよろしくお願い致します。


次回に続く⇒ ⇒ ⇒



  1. 2020/01/14(火) 16:34:43|
  2. 製作行程
  3. | コメント:0

染めの行程 ①糸目

予告通りに

次は染めの行程をご紹介致します。

今週は「糸目」をつける行程です。


①まずはじめに、下絵に黒く染める部分を黒いノリで縁取りをしていきます。
中心から外に向かって黒ノリで描いていきます。
手についてしまわないように。

ということで、ワシの足からノリを置いていきます。

①染め



②染め


拡大するとこんな感じ↑
地道な作業です。



この道具は「ツツ」といいます。渋紙でできています。

ホイップクリームを絞る、しぼり袋のようなものです。
今回は細~い線も描ける先金を使います。



④染め


黒ノリはこんな感じ↓
左上に見える灰色のノリは、防染ノリです。白く抜くときに使います。


③染め


黒い糸目は黒いノリで。
白抜きにする部分は防染ノリで。
黄色い糸目は黄色いノリで。


⑤染め



リボンの部分もノリを置いていきます。


⑤-2染め



次回に続く ⇒ ⇒ ⇒



  1. 2019/12/12(木) 14:42:36|
  2. 製作行程
  3. | コメント:0

下絵の作成工程


季節が過ぎるのは早いもので、

今年も残りわずかとなってきました。

一昨年の高校野球の大優勝旗に続き、

今回は「九州地区高校野球福岡大会優勝旗」を製作中


まずは、見本の旗から下絵を写し取る作業にて。

文字のサイズの枠を作ります。
下絵行程



見本の文字に合わせて1文字1文字書いていきます。
この文字は楷書体。
文字が2文字減る分、全体的に横長になるようにするのが職人の腕の見せ所。

下絵行程2



月桂樹とワシはトレーシングペーパーで書き写し!

  ↓↓↓
https://youtu.be/62myzZIn15A





出来ました。
所要時間、約40分。


下絵行程3



トレーシングペーパーのワシを生地に書いていきます。
下から光を当てると透けるので書きやすいのです。
特殊な定規を駆使すると曲線もキレイにかけます。

下絵行程4


出来上がり!
見本の旗と比べても遜色ないものが出来ました!


下絵行程6



下絵行程5




現代ではパソコンで出力した文字が多いですが、こうして人の手で書くことによって、

味のある旗が出来るのです。

インクジェットの旗との違いは、ココ。

これでこそ京都らしさ!




随時、製作行程を紹介していきます。(この旗は、次は染めの行程にいきます。)



  1. 2019/12/05(木) 17:52:16|
  2. 製作行程
  3. | コメント:0

プロフィール

平岡旗製造株式会社

Author:平岡旗製造株式会社
我々は1887年の創業以来、旗一筋に商いをしています。
このブログは平岡成介(5世代目)が旗に関する記事を更新していきます。
「我々の持っている知識やノウハウを使いお客様に最高の旗(=喜びの旗)をお届けしたい」
そういう思いでブログを更新しますので、ぜひご覧下さい。

FC2カウンター

カテゴリ

未分類 (3)
マスコミ掲載記事 (4)
お客様より (2)
旗のある風景 (3)
豆知識(旗を並べる場合) (1)
実験 (1)
喜びの旗 (4)
作業風景 (2)
祇園祭 (1)
商品情報 (1)
製作行程 (4)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR